マークシート

アウトソーシングすると負担が軽くなる

学校や学習塾の試験や資格試験やアンケート調査などマークシートは様々な場面で使われています。しかしマークシートを採用するにあたって、どのタイプがいいのかよくわからないという方は基本的なことを知っておく必要があります。まずマークシートを選定するのにどのような用紙にするか決めることです。択一方式なら五択なのか四択なのか、両面印刷か片面印刷か決めて業者に用紙を作成してもらいます。大方の業者では定型フォームに沿った用紙があるのでほとんどの場合はそのまま活用できますが、特別に発注する場合はたくさんの種類を取り扱いしている業者に相談することです。それからマークシートを読み取る機械にはOMRという専用の読み取り機があります。OMRは非常に精度が高いのですが価格が高く30万円ぐらいからあります。読み取り機には他にスキャナーがありますが、性能はOMRより低いですが価格は安く5万円ほどから売っています。また読み取り機を使わなくても、パソコンや複合機などのソフトを利用してマークシートを読み取ることもできます。この場合は無料ソフトでなく信頼できるメーカーの有料のソフトを利用することです。フリーソフトは安全面の不安があるので、あまりおすすめできないです。そしてあれこれ選択するのが面倒な方は専門の業者に丸投げしてしまうことです。業者に用紙の選定やデータの集計など、すべてアウトソーシングしてしまえば手間が省けます。

学校や教育機関で採用

マークシートを発注する場合は、業者は最低でも1000枚単位からでないと受付していないところが多いです。しかし100枚単位からでも注文を受付している業者もあるので相談してみることです。また新しく読み取り機を導入するにはかなりの費用がかかってしまうので、今ある手持ちのスキャナーに対応している用紙を選ぶことでコストを抑えることができます。それからどの業者を選ぶかですが、目的などによって異なるので一概には言えないのですが、かなりの数であったり人手が足りないような場合なら、用紙からデータ収集に集計まで一括して行ってくれる業者がいいです。費用はかかりますが作業に追われることなく、その分本業に集中できます。またなるべく費用を安くしたいならすでに保有しているパソコンやスキャナーで利用できるソフトを使ってマークシートを採用することです。マークシートはたくさんありますが、学校や教育機関でよく採用されている選択式や記述式のマークシートは、試験にもアンケート調査にも使えます。