HOME>注目記事>試験やアンケートの集計を効率的にする方法

試験などの採点方法

勉強道具

マークシートとは、試験やアンケートに用いられる用紙です。特定の箇所丸印や楕円形の箇所があり、それらが印刷された用紙の該当箇所を鉛筆やシャープペンシルで塗りつぶし、それを専用の機械で読み取り、試験の採点やアンケートの集計を行います。以前はシートの読み取りにO光学式の機械を使用していましたが、最近ではスキャナや複合機で読み取る方式が主流です。マークシートが使用されるのは、例えば資格試験、入試試験、運転免許試験などをイメージすると良いでしょう。これらは形式に合わせて様々な種類があります。数字を読み取るための方式、例えば生年月日などが当てはまります。さらに択一試験などの選択方式もあります。こうした情報が組み合わせて一枚の用紙となっている場合がほとんどです。マークシートの記入方法は、丸印や楕円形を鉛筆やシャープペンシルなどの筆記用具で塗りつぶすことでマークします。筆記用具の濃さや消しゴムなどが指定される場合が多いようです。

機械で読み取るメリットとデメリット

ノートを取る

マークシートはアメリカで発明されたと言われています。この方式は、大学共通一次試験から採用され、その後、国内でも一般的なマーク方式として広がりました。テストの解答様式として広まっていきました。マークシートによる採点や集計は導入する側にとっても受験する側にとっても、メリットとデメリットがあります。導入する側のメリットは、集計作業が簡単になる、採点や集計ミスを最小限にできる、客観的な採点や集計が可能になるといったものです。導入するデメリットは、初期の設備投資費用がかかる、問題形式をマークシート用に作り直す必要がある、一度導入すると他システムへ変更が難しくなるといったものです。受検する側にとってのメリットは、公平な採点や集計をしてもらえる、選択肢があるため白紙の回答がなくなるといったところです。一方、デメリットとしては、回答の仕方に慣れが必要となる、回答方法を間違える可能性がある、筆記用具が必要になるというものです。